So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

大相撲 大嶽親方、野球賭博認める 申告力士ら聴取へ(毎日新聞)

 大相撲の野球賭博問題で、大嶽(おおたけ)親方(42)=元関脇・貴闘力=が警視庁の任意の事情聴取に対し、野球賭博への関与を認める供述をしていることが関係者への取材で分かった。警視庁は賭博の実態を解明するため、日本相撲協会に野球賭博への関与を自己申告した力士ら計29人について、週明けから任意聴取を本格化させる方針だ。

 大嶽親方は「週刊新潮」5月27日号などで、野球賭博に関与したうえ、大関・琴光喜関から相談され、琴光喜関が現役力士の兄から数百万円を要求された場に居合わせたと報じられた。このため警視庁は今週、複数回にわたって大嶽親方から聴取。野球賭博への関与のほか、琴光喜関が賭博の口止め料として現金を脅し取られた恐喝事件についても事情を聴いたという。

 警視庁は恐喝事件の捜査や自己申告した力士らへの聴取を通じ、賭博を主催した人物の特定を進めるとともに、賭け金が暴力団に流れていなかったかなどを捜査する。また、力士らの立件については、賭け金の多寡などを踏まえて検討する。

 安藤隆春・警察庁長官は17日の記者会見で「日本相撲協会の協力を得ながら、事案の解明に鋭意努めていく」と述べた。【酒井祥宏、鮎川耕史】

【関連ニュース
大相撲:大嶽親方が野球賭博への関与認める…警視庁聴取に
大相撲:大嶽親方から警視庁が聴取
大相撲:大嶽親方ら聴取へ…協会、野球賭博を調査
大相撲:野球賭博 協会調査、大嶽親方ら聴取へ
大相撲野球賭博問題:豊ノ島も 週刊新潮が報じる

賭博力士「特定情報は公表できない」…相撲協会(読売新聞)
行政文書に追加記述=情報公開請求で判明―改ざん可能性など調査・東北厚生局(時事通信)
<岡崎信金>また2件の着服発覚(毎日新聞)
もんじゅ、再起動 原子炉1.3%まで出力試験(産経新聞)
亀井氏の辞任、閣議決定(読売新聞)

過労と心労…宮崎県の口蹄疫担当部長が入院(読売新聞)

 宮崎県は26日、口蹄疫(こうていえき)問題を担当する県農政水産部の高島俊一部長(58)が過労や心労による体調不良で入院したため、同日付で県参事に異動させたと発表した。当分の間、河野俊嗣(しゅんじ)副知事が同部長職を兼務する。

 県によると、高島部長は県対策本部の事務方トップ。24日から宮崎市内の病院に入院し、休職していた。約1か月の療養が必要という。

 高島部長は22日未明、主力級種牛「忠富士(ただふじ)」の感染を発表した際、「心配で昨日も眠れなかった」と憔悴した顔で話していた。

阿久根市長を刑事告発も=職員降格処分取り消し判定を無視―鹿児島(時事通信)
イタリアンシェフもこっそり買いに来る「生パスタ」(産経新聞)
学生数の公開義務付け=大学・短大に、来年から―文科省(時事通信)
橋下“大阪都”賛成市長1で反対3 対象11市の大半「具体像見えぬ」(産経新聞)
ヒグマに襲われた?山林に70歳代の男性遺体(読売新聞)

首相の軽さ、国益損なう=渡辺喜氏(時事通信)

<殺人>男性遺体に複数の切り傷や刺し傷 神奈川・横須賀(毎日新聞)

 神奈川県横須賀市ハイランド1の民家で6日、住人の無職、小林章浩さん(62)とみられる男性の遺体が見つかった事件で、県警は7日、遺体の頭部に、殴られたような跡と、刃物による複数の切り傷や刺し傷があったと発表した。県警は殺人事件と断定、浦賀署に特別捜査本部を設置した。

 県警によると、男性は1階台所にあおむけで倒れ、カーペットのようなものが掛けられていた。台所や居間には小林さん以外のものとみられる靴跡があるという。7日に司法解剖し死因を調べる。【吉住遊】

鳩山首相最後のあがき ヘリ訓練分散案が浮上?(J-CASTニュース)
九年庵 新緑の庭園、初の一般公開 佐賀・神埼(毎日新聞)
<虚偽記載>半導体装置メーカー、上場前に「水増し」か(毎日新聞)
JR東海社員、東京駅高架下に飛び降り死亡(読売新聞)
日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞の公募を開始(医療介護CBニュース)

鉄製扉倒れ、男子生徒2人けが=運動公園野球場−岩手・遠野(時事通信)

 24日午前8時ごろ、岩手県遠野市の運動公園内の野球場入り口で、重さ約200キロの鉄製扉が倒れ、市内の中学校の野球部員2人に当たり腰や足首に軽傷を負った。県警遠野署は事故原因を調べている。
 同署によると、負傷したのは13歳と14歳の男子生徒。2人は扉を開けて球場に入ろうとしたところ、突然扉が倒れてきたという。
 倒れたのは高さ約2.2メートル、幅約2.8メートル、厚さ約10センチの柵状の鉄製扉で、同署はコンクリート壁に固定するための2本のボルトが劣化していた可能性があるとみて調べている。 

【関連ニュース
生徒に体罰、中学教諭を書類送検=平手打ち、廊下に引き倒す
エスカレーターで転倒8人軽傷=NHK施設見学の中学生
高校に犬7匹侵入、5人けが=野球部員らかまれる

「実現できるのか」米大統領発言、首相が否定(読売新聞)
【from Editor】女性飛行士ふたりの「手紙」(産経新聞)
<報国寺>青竹色、雨にぬれ 神奈川・鎌倉(毎日新聞)
<裁判員裁判>懲役25年確定の被告 さらに懲役7年の判決(毎日新聞)
<シバザクラ>40万株が見ごろに 埼玉・秩父の羊山公園(毎日新聞)

ゆるキャラがB級グルメ紹介 ご当地マスコット勢ぞろい(河北新報)

 「むすび丸」(宮城県)や「スギッチ」(秋田県)といった東北6県の「ゆるキャラ」が勢ぞろいするテレビCMの撮影が進められている。6県のマスコットが、ご当地のB級グルメを紹介しながら「元気あふれる東北に誇りを持とう」と呼び掛ける内容。制作者は「各県の思いが詰まったゆるキャラの魅力で東北を元気にしたい」と意気込んでいる。
 CMは、広告を通じて公共マナーや環境意識の向上などを訴えるACジャパン(旧公共広告機構)のテレビCMで、30秒と15秒の2バージョン。今月初旬の青森を皮切りに、各県を回りながら撮影が行われている。
 登場するのは、むすび丸とスギッチのほか、青森県産品をPRする「決め手くん」、福島県の鳥キビタキをあしらった「キビタン」、山形県のマスコット「ペロリン」。岩手は県のキャラクターがないため、雫石町の観光イメージキャラクター「しずくちゃん」が“助っ人”として参加している。
 各県のキャラクターは「八戸せんべい汁」(青森)や「どんどん焼き」(山形)などのB級グルメを紹介しながら、食材豊かな東北をPR。最後に6体が集合し、「誇ろう! ふるさとの元気。」とアピールする。
 CMは7月1日から1年間、東北の民放各局で流れる。ゆるキャラとB級グルメが「共演」する新聞広告も制作する。
 企画した広告代理店の仙台博報堂(仙台市)は「全国的にブームのゆるキャラとB級グルメを多くの人に見てもらい、東北を元気にしたい。古里の魅力を再発見する機会になればいい」と話す。


開かずの門、400年ぶり開く=解体修理、足利尊氏逃げ込む−京都・東寺(時事通信)
都バスに乗用車が衝突=1人心肺停止、6人負傷−東京(時事通信)
<現金輸送車襲撃>2被告、起訴内容認める 津地裁初公判(毎日新聞)
<東レ>子会社取引で申告漏れ指摘される 異議申し立てへ(毎日新聞)
<掘り出しニュース>参院選 県選管のキャッチフレーズ「みんな」取りやめ(毎日新聞)

森づくり、削減CO2「貯金」通帳に(読売新聞)

 山形県は今年度、植樹や枝打ちなどの森づくり活動に応じて二酸化炭素(CO2)削減量を“貯金”していく「森の貯金通帳制度」を始める。

 単独のイベント参加にとどまらず、継続的に、楽しみながら取り組んでもらうのが狙い。CO2貯金量が1000キロに達すると「森の達人」認定証が交付されるといい、担当者は「活動の成果を実感できる取り組みにしたい」と期待している。

 参加者には、持ち主だけの口座番号が付与された「森の貯金通帳」を発行。苗木の植え付けや枝打ち、つる切りなどの森林整備を行うごとに、作業数や植栽本数に応じた削減量を記入していく。植栽は1本当たり2キロ、下刈り・つる切りは参加1回(150平方メートル)当たり75キロなど、活動内容別に貯金量も設定した。

 6月から、県内4か所にある「県民の森」のひとつ「源流の森」(飯豊町須郷)でモデル事業を開始。毎週土日の森づくり活動を想定し、作業終了後、同施設がCO2量を認定する仕組み。県みどり自然課は、「1000キロ分を貯金すれば、乗用車1台が排出するCO2の半年分を削減したことになる。個人や家族で気軽に取り組める環境貢献として定着してほしい」と話している。

医療ツーリズム、国家レベルのプロモーションを―経産省の報告書(医療介護CBニュース)
客待ちで口論 客乗せたまま相手のタクシー運転手引きずる(産経新聞)
「メディカル・ハイネット」に破産手続き開始決定(医療介護CBニュース)
米フェデックス機が部品脱落=最大130センチ、滑走路に−成田空港(時事通信)
雑記帳 24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)

<核安保サミット>幸夫人同行せず 首相「公務専念」演出?(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相が今月12、13日、核安全保障サミットに出席するため訪米する際、幸夫人が同行しないことが分かった。幸夫人は首相のすべての外国訪問に同行してきたが、今回は「夫人同伴だと旅行のように思われかねない」(首相周辺)と判断。内閣支持率の低下が続く中、公務に専念するイメージを打ち出す狙いがある。

 首相はこれまで米国や韓国などへ計8回出張。幸夫人も同行して首脳夫人と交流するなど「ファーストレディー外交」を続けてきた。ただ、政府専用機のタラップを手をつないで乗降する様子には、「浮ついている」などの批判が出ていた。オバマ米大統領が訪日した際、支持率低下を意識して夫人を同伴しなかったことも参考にしたという。【山田夢留】

【関連ニュース
鳩山首相:6月訪中へ 上海万博出席、胡主席らと会談
普天間移設:結論出ない場合首相辞任は当然…下地氏が発言
鳩山首相:マニフェスト修正に前向き
鳩山首相:連合会長と「政府・連合トップ会談」
鳩山首相:戸別補償、コメ以外でも リアル鳩カフェで

平沼新党、あす結成 自民、流出最小限も足元グラグラ(産経新聞)
地球中心の超高温高圧を再現=ダイヤ実験装置で世界記録−東工大など(時事通信)
債務残高比率「安定的に縮減」=財政健全化へ素案−国家戦略室(時事通信)
普天間失敗なら内閣総辞職=渡部氏(時事通信)
花の万博から20年(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。