So-net無料ブログ作成

トラフグ低温養殖で8割超が雄 白子の収量大幅アップ(産経新聞)

 100グラム当たり天然で約1万円、養殖でも3千円前後するトラフグの白子(精巣)が、身近なものになるかもしれない。近畿大学水産研究所は13日、「低温での養殖で、トラフグの稚魚の80%以上を安定的に雄にする技術を確立した」と発表した。稚魚の雌雄が飼育環境で変化する性質を利用。常温飼育だと雌雄はほぼ半々のため、白子の収量が大幅アップし、低価格化が見込めるという。

 成功したのは同研究所富山実験場(富山県射水市)の澤田好史教授らの研究チーム。トラフグの雌雄は受精時にはまだ流動的で、孵化(ふか)後15〜79日の飼育水温によって確定することを突き止めた。

 研究チームが富山湾の水深100メートルからくみ上げた12〜17度の冷たい海洋深層水で、雌雄確定期を含む65〜105日にわたって稚魚を飼育したところ、平成20、21年の2年連続で80%以上の雄性化を実現した。

 雌雄が変わるメカニズムは未解明だが、澤田教授は「養殖白子の生産コストを20%程度下げられるだろう」と話す。

小惑星探査機 「はやぶさ」地球引力圏の軌道に(毎日新聞)
「母殺した」と通報、公衆便所に車いす女性遺体(読売新聞)
余っても解約条項なし=輸入ワクチン、大量廃棄も−厚労省(時事通信)
ネット調査 7割「小沢氏、議員辞職を」(産経新聞)
インド洋給油、終結を命令=新テロ特措法が期限切れへ−北沢防衛相(時事通信)

<長崎漁船不明>家族から船体引き揚げ要望(毎日新聞)

 長崎・五島列島沖で行方不明となった底引き網漁船「第2山田丸」(113トン)について、第7管区海上保安本部(北九州市)などによる捜索は15日も引き続き実施されているが、新たな手がかりは見つかっていない。一方、行方不明者の家族から出ている船体引き揚げの要望について、関係者からは「実現にはかなりの費用がかかるのでは」と困難視する見方も出ている。

 昨年4月に同県平戸市沖で沈没した巻き網漁船「第11大栄丸」(135トン)が、5カ月後の9月に海底から引き揚げられた際の費用は約3億円。費用は、船主が加入していた船主責任保険と、船体を捜索後に漁礁化する国の補助事業を活用してねん出した。

 14日に現場付近の海底で確認された船影が第2山田丸だった場合、水深は約150メートル。水深約80メートルだった第11大栄丸の2倍近い深さとなる。さらに、東シナ海は冬季に荒天が多いため、作業は難航も予想される。

 大栄丸を引き揚げた「深田サルベージ建設」(本社・大阪市)の担当者は引き揚げの可能性について「調査しないと分からないが、潜水士は150メートルの深さまで潜れず、潜水艇で調査するしかない。費用も3億円より高くなる可能性はある」と語った。

 一方、第2山田丸の捜索態勢は、長崎海上保安部の巡視船4隻と航空機2機▽水産庁の漁業取締船5隻▽山田水産の漁業船10隻▽海上自衛隊航空機2機−−に加え、長崎県が取締船を1隻増やして3隻とした。【錦織祐一、蒲原明佳】

【関連ニュース】
【事故の概要】漁船不明:10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ
【写真で見る】漁船捜索の模様 回収された救命いかだの写真も
【長崎漁船不明】最後の無線連絡は「波をかぶった」…第2山田丸
【長崎漁船不明】現場周辺の海底に船影 7管も確認急ぐ
【長崎漁船不明】「無事でいて」祈る関係者ら 海保、対応に追われる /長崎

<雑記帳>「夫婦円満」秘訣は?…亭主関白協会の会長が伝授(毎日新聞)
「小沢さんの説明不十分」地方代表から不満(読売新聞)
雪崩に巻き込まれ、山スキーの男性死亡(読売新聞)
子ども手当など61法案を提出へ 通常国会で政府(産経新聞)
<出版社>国内21社が電子書籍協会発足へ アマゾンに対抗(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。