So-net無料ブログ作成
検索選択

<石巻2人刺殺>DV施設、数日で退所 元交際女性「復縁」(毎日新聞)

 宮城県石巻市の南部かつみさん(46)方で長女美沙さん(20)ら2人が刺殺され、次女沙耶(さや)さん(18)が連れ去られた事件で、沙耶さんは元交際相手の少年(18)=未成年者略取、監禁容疑で逮捕=の暴力から逃れるため、09年2月に家庭内暴力(DV)被害者の保護施設に入ったが、数日で「少年と復縁した」と言って退所していたことが捜査関係者の話で分かった。南部さんの親族によると、少年の暴力はその後エスカレートしたという。

 南部さんの親族の男性によると、沙耶さんは昨夏から頻繁に暴力を受けるようになった。「腕にたばこの火を押し付けられた跡があったとも聞いた」という。約3年前に少年と交際を始めたが「(少年が)暴力を振るって(沙耶さんが)アルバイトで稼いだお金を奪う構図だった」。少年の友人は「あいつと遊ぶときは大抵、沙耶さんも一緒だった。今月上旬に(沙耶さんが)眼帯をしていて『あれっ』と思った」と振り返る。

 県警によると、沙耶さんの相談を受けて09年2月と今年1月の2回、傷害の被害届を出すよう説得。ある捜査幹部は「仲たがいしては復縁し、被害届を出したがらなかった。男女のことは感情の動きもあり難しい」と説明する。一方、親族の男性は「(警察への相談は)一度や二度じゃない。適切に対応してくれたら、こういうことにはならなかった」と不満を隠さない。【宍戸護、浅妻博之、鈴木一也】

【関連ニュース
DV:「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望
性暴力:Tシャツで抗議 被害者ら、思いつづり 来月、国内初の展示
DV:「防止法拡充を」 被害者、担当閣僚に要望
シンポジウム:子育て支援考える 産科医や保健師が現状報告−−北区 /岡山
DV:相談急増209件 傷害・暴行で検挙も23件増38件−−08年度 /山形

借金のカタにソープ紹介 職業安定法違反容疑などで男5人逮捕(産経新聞)
1万2000円相当も!高級チョコ無料配布にOL大喜び 女子応援イベント(産経新聞)
<拉致問題>安倍政権下で水面下の交渉 市民集会で元秘書(毎日新聞)
警視庁蒲田署で銃弾5発を紛失か 保管記録と数合わず(産経新聞)
慢性化しやすい欧米型B型肝炎、家庭内でも感染を確認(医療介護CBニュース)

<円天詐欺>元会長に懲役18年求刑(毎日新聞)

 独自の電子マネー「円天」を使った巨額詐欺事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)に問われた「エル・アンド・ジー(L&G)」元会長、波和二(かずつぎ)被告(76)に対し、東京地検は8日、東京地裁(山口裕之裁判長)の公判で懲役18年を求刑した。弁護側は無罪を主張して結審。判決は3月18日に言い渡される。

 波被告は最終陳述で「私の事業計画は審理されなかった。新しい事業は意見が分かれて水掛け論になりやすい。私の事業プランも世界の国で採用された時は、さびれていなかったことを証明できるだろう」と話した。

 検察側は論告で「円天を国家が採用するという計画は荒唐無稽(むけい)で、自転車操業を認識しながら資金を集めた。甚大な被害を無視して開き直り、反省がない」と指摘。弁護側は最終弁論で「事業は結果的に失敗しただけで、だます意思はなかった」と主張した。

 起訴状によると、波被告は部下と共謀して06〜07年、「年利36%の利息を配当する」とうそを言い、男女31人から約3億2700万円を詐取したとされる。【安高晋】

【関連ニュース
奈良診療報酬詐欺:山本被告と医師逮捕、患者出血死関連で
詐欺:預保機構や財務省との関係装う事件相次ぐ
裏金接待疑惑:前福岡県副知事を任意で事情聴取
賠償訴訟:被告所持品の返還拒否は違法 東京地裁判決
詐欺容疑:旅館買収巡り3億円、桑田さんの元義兄逮捕

<サラリーマン川柳>「仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い」(毎日新聞)
医師確保事業で着服、宮崎県職員を懲戒免職(読売新聞)
久保が勝ち2勝1敗=将棋王将戦(時事通信)
漁船銃撃、ロシアへの抗議取り下げず=平野官房長官(時事通信)
<石川議員>決断迫られる首相 民主は処分に消極的(毎日新聞)

<中古車>廃車同然の車とどう区別? 国がガイドライン(毎日新聞)

 中古車と廃車同然の車をどこで区別するかについて、環境省と経済産業省がガイドライン作成に乗り出す。廃車同然の車が中古車に紛れてオークションに出品され、車の持ち主が負担すべきリサイクル料金を解体業者が支払う事態が起きているためだ。【足立旬子】

 05年に施行された自動車リサイクル法は、廃車する持ち主にリサイクル費用の負担を義務づけている。中古車として売れる限りはリサイクル費用を負担しなくていいため、ディーラーなどは、故障や事故で動かなくなった車でもオークションに出品するようになった。一方で解体業者は、廃車の流通が減った結果、オークションに参加し、リサイクル料金を支払って解体するケースが増えているとし、持ち主が支払うとする法の趣旨にそぐわないとしている。

 背景には中古車輸出の増加と中古車オークション市場の急成長がある。日本オートオークション協議会によると、出品数は04年に681万台だったのが、08年は887万台に増えた。法施行前は、主にディーラーが車を下取りし、中古車販売業者や解体業者に振り分けていた。施行後は多くの下取り車がオークション経由になったため、廃車の入手が困難になった解体業者から不満の声が出ていた。

 ガイドラインには、エンジンの欠損、走行距離などの項目があがっている。来月にも中央環境審議会と産業構造審議会の下に検討会をつくり、夏までの作成を目指す。車の価値をめぐっては、「市場に任せるべきだ」などさまざまな考え方があり、線引きをめぐっては論議を呼びそうだ。

 ◇ことば 自動車リサイクル法

 メーカーなどに破砕くずやカーエアコンのフロン、エアバッグの回収とリサイクルを義務づけた。リサイクル料金は車種によって異なり、乗用車で約7000〜約1万8000円。不法投棄を防止するため、新車購入者が購入時にあらかじめリサイクル料金を支払い、リサイクル券が発行される。中古車として売る場合は、次の持ち主がリサイクル料を支払い、リサイクル券を受け取る。

【関連ニュース
中古車:オークション流通のポンコツ排除へ リサイクル費用の持ち主負担徹底
中古車未納問題:北洋銀が請求棄却を求める−−地裁口頭弁論 /北海道

<亀井金融相>夫婦別姓など2法案に反対(毎日新聞)
<無登録営業容疑>バルチックカレーの会社を捜索 警視庁(毎日新聞)
<「タミフル」事件>個人輸入代行業者4人を釈放 大阪府警(毎日新聞)
婚姻届のため秋田に帰省、カップル事故死(読売新聞)
横領の県職員を懲戒免職=出資団体から220万円−宮崎(時事通信)

【中医協】「リンパ浮腫指導管理料」、外来で再算定が可能に(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は2月5日の総会で、入院中に「リンパ浮腫指導管理料」を算定した患者に対し、その医療機関が退院した同じ患者に外来で指導管理を行った場合、同管理料を再算定できるとの要件を加えることを了承した。

 現行では、リンパ節郭清の範囲が大きい乳がんや子宮がんなどの手術を行った患者に対し、入院中の1回に限り算定できるが、これを外来に拡大する。同管理料を算定した入院患者が手術を受けた病院などを退院後、退院した月か翌月にリンパ浮腫の重症化を防ぐ指導を同じ医療機関で再び実施した場合に、1回のみ算定できる。


【関連記事】
【中医協】「院内トリアージ体制加算」を新設へ
【中医協】「後発医薬品使用体制加算」の新設を了承
【中医協】安全な麻酔管理体制を評価
【中医協】医療職とケアマネとの連携を評価
【中医協】歯科初再診料の引き上げを了承

江戸川区が全校に読書科新設へ(産経新聞)
<火災>住宅全焼、2人の遺体発見 埼玉・鴻巣(毎日新聞)
<首都圏連続不審死>「背もたれ傾き」端緒 自殺から事件に(毎日新聞)
<流氷>網走で接岸初日 昨年より11日早く(毎日新聞)
<東京メトロ>丸ノ内線が朝ストップ(毎日新聞)

午後の閣議、陛下の執務に影響…夜に決裁(読売新聞)

 鳩山政権になって定例閣議を午後に遅らせて開催することが相次いだため、天皇陛下の執務に影響が出ていたことが4日、わかった。

 定例閣議は通常、午前中に開くが、2日には衆参両院本会議での首相の答弁準備などを理由に午後5時半ごろ開催した。

 宮内庁によると同日の閣議で処理された書類は御所に届けられ、陛下は午後8時半ごろに署名するなどして決裁された。

 宮内庁はこの日、陛下が体調不良のため3日から予定していた葉山御用邸での静養を取りやめられると発表していた。

 平野官房長官は4日午前の記者会見で、「天皇陛下の公務の時間がずれているところもある。陛下のご負担にならないようにしたい」と影響を認めた。さらに午後の記者会見で、やむを得ず遅らす場合は事前連絡を徹底する考えを示した。

絵手紙発祥の地、400枚分の巨大作品(読売新聞)
飲酒で免職、最多16人=警察の09年懲戒処分(時事通信)
法定利息の倍 高利貸し容疑 山口組系組幹部ら逮捕 大阪府警(産経新聞)
<開府400年>名古屋テーマに創作講談(毎日新聞)
乗用車がガードレール突き破る 自転車2台、バイクと接触(産経新聞)

<日本国籍喪失条項>フィリピンの子供4人「違憲」と提訴(毎日新聞)

 日本人父とフィリピン人母の間に生まれた子供4人が2日、フィリピンで出生後3カ月以内に必要な手続きをしなかったために日本国籍を失ったのは、法の下の平等を定めた憲法に反するとして、国を相手に日本国籍を持つことの確認を求めて東京地裁に提訴した。

 国籍法は、海外で生まれ外国籍も取得した場合は、出生後3カ月以内に日本大使館などに日本国籍を維持する意思表示をしなければ日本国籍を失うと定める。代理人によると、この規定の違憲性を主張する訴訟は初めて。

 訴状によると、4人はフィリピン在住の3〜19歳の男女で、両親はいずれも婚姻している。両親が国籍法の規定を知らなかったことなどが理由で期限内に手続きされなかった。「国外で生まれただけで、国内で出生した場合と差別して扱う合理的な理由はない」として、国籍法の規定は違憲と主張している。

 原告のダイチ・フェルナンド・ミサ・マルヤマ君(12)と父親の丸山峯男さん(62)が提訴後に記者会見した。丸山さんは「兄や姉は成長してから認知届を出して日本国籍を取得したのに、同時に出生届を出したダイチだけ日本国籍がないのはおかしい」と話し、ダイチ君も「兄や姉と同じ国籍やパスポートが欲しい」と訴えた。

 国籍法は、国籍を失っても20歳未満で日本に住所があれば日本国籍を取得できると定めるが、経済的理由から困難なケースが多いという。【伊藤一郎】

「消火栓」に防災道しるべ 神戸の会社 QRコード 観光客の避難助け(産経新聞)
ツイッターつぶやきが意外な波紋 「貴乃花投票者だれか取材競争」(J-CASTニュース)
<天皇、皇后両陛下>メキシコ大統領夫妻と会見(毎日新聞)
閉校前に熱気球でお別れ 練馬区立光が丘第二小学校(産経新聞)
【人・街・声】新宿の訪問歯科医 人のつながりが蘇らせた笑顔(産経新聞)

山本病院事件 理事長ら逮捕 「あり得ない」執刀 肝臓手術は未経験(産経新聞)

 法人理事長の山本文夫容疑者(52)らが業務上過失致死容疑で逮捕された奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(廃止)の患者死亡事件。山本容疑者は、かつて、名門の大阪大医学部付属病院旧第一外科の医局にも所属していた。手術の助手を務めた塚本泰彦容疑者(54)は、山本病院に勤務時代に地元医師会の業務などでトラブルが絶えず、山本病院を解雇されたという。

 山本容疑者は、今年1月、診療報酬詐取事件で有罪判決を受けたあと保釈され、兵庫県西宮市内の親族宅に身を寄せていた。6日朝、奈良県警の任意同行に応じた山本容疑者は黒のダウンジャケットのフードをかぶり、左手でフードの先を持ち、顔を隠して捜査車両へ乗り込んだ。

 山本容疑者が卒業した阪大医学部の関係者によると、山本容疑者は、一時期、臓器移植法に基づく脳死心臓移植を初めて手がけた阪大病院旧第一外科の医局に所属。心臓外科の専門医を目指したというが、あきらめたようだという。

 その後、大阪市内で専門外の眼科クリニックを開設したこともあった。奈良県医師会幹部によると、山本病院が平成11年に開院するにあたって、県医療審議会で審査した際、照会先の大阪府内の医師団体から「眼科クリニックには患者からの苦情が多く寄せられている」との情報があり、審議会が「開院は認めがたい」と答申した経緯もあった。

 今回の事件で山本容疑者は、経験がないのに肝臓手術を執刀したとされている。肝臓専門医によると、肝臓は出血しやすいため手術の難易度は高い。初執刀は、他の消化器の切除と、肝切除の助手をそれぞれ数十〜50例積んだうえで、熟練医の指導を受けてのぞむ。未経験の医師だけの執刀は「あり得ない」という。

 ■塚本容疑者、トラブル絶えず

 一方の塚本容疑者。この日朝、大阪府藤井寺市内の自宅から任意同行された際には、顔全体を白色っぽいタオルで覆い、うつむいて力なく歩き、捜査車両に乗り込んだ。

 大和郡山市医師会によると、塚本容疑者は平成18年4月ごろから約4カ月間、山本病院に勤務。この間、医師会の業務で輪番した市内の公立小学校健康診断の途中に無断で帰ったり、児童に暴言を吐いたりしたとして、医師会に苦情が寄せられたという。

 休日応急診療所の当番でも、患者から「診察の対応が悪い」「暴言を吐く」などと苦情が医師会に殺到した。

 応急診療所の看護師からも「投薬の量を看護師に決めさせている」との報告があったため、医師会は18年8月、山本病院を輪番から外すと文書で通達。これをきっかけに、塚本容疑者は解雇されたという。

 塚本容疑者が現在、勤務する大阪府八尾市内の病院では、この日午後も、塚本容疑者が内科の外来診察の担当になっていた。

 女性通院患者は塚本容疑者について、「熱心に診てくれるまじめな先生ですが…」と話していた。

                   ◇

 ≪一問一答≫

 塚本泰彦容疑者は昨年8月、産経新聞の取材に、山本病院の診療報酬詐取事件を批判する一方で、自らが手術に加わった患者死亡事件については口をつぐんだ。山本文夫容疑者は全く取材には応じていない。塚本容疑者の一問一答は次の通り。

 −−一連の診療報酬詐取事件についてどう思うか

 「詐欺の事実は知らなかった。医者に対する世間の目が厳しくなった。あそこまでするかと思った」

 −−山本病院勤務時に、肝臓がんで肝臓切除手術をしたか

 「守秘義務があるので言えない」

 −−肝切除手術で亡くなった患者がいると聞いたが

 「山本被告に聞いたらどうか。山本病院の事件は詐欺で医療行為とは別件だ」

<陸山会事件>「4億円は関連団体側から」小沢氏認める(毎日新聞)
愛媛県高野連 甲子園の定宿「尼宝館」を表彰 昨秋閉館(毎日新聞)
3大都市圏の人口集中止まる…仕事・異動減り(読売新聞)
【中医協】再診料統一、診療側と支払側の溝埋まらず(医療介護CBニュース)
「1Q84」第3弾、4月16日発売(読売新聞)

<雑記帳>バレンタインデーに京漬物を(毎日新聞)

 京都市左京区の漬物店「大安」が、プレゼント用漬物セット「京の味日記 バレンタインデーどす」を発売。京漬物業界からバレンタイン商戦に名乗りを上げた。

 13センチ角の箱を開くとハート形の窓からマイルド赤しそ胡瓜(きゅうり)とはりはり漬けがのぞく。箱の帯には京都らしく舞妓(まいこ)さんのイラストを入れた。525円で限定3000個販売する。

 アツアツの2人の姿を飾れるよう、取り出した後は写真立てとして再利用できる。3月にはホワイトデー向けセットの発売を予定しており、お返しのフォローもバッチリだ。【山本直】

【関連ニュース】
バレンタイン:チョコの収益でイラクの子ども支援 函館
雑記帳:バレンタインデーに 南部せんべい新商品
バレンタインデー:砂糖とカカオ豆連騰 メーカーは思案顔
ブログ:バレンタイン商戦に一役 職人とオリジナル菓子作り
長澤まさみ:五輪選手に手作りチョコを 松岡修造、荒川静香とFM「MY OLYMPIC」収録

南九州市で竜巻=滑り台20メートル飛ぶ−鹿児島気象台(時事通信)
<500円タクシー>距離上限廃止を 大阪地裁に業者提訴(毎日新聞)
禁煙地区で喫煙、試験で不正→市職員2人処分(読売新聞)
山崎氏、離党せず=自民(時事通信)
積雪で日暮里・舎人ライナー運転見合わせ 新幹線遅れも(産経新聞)

<マイケルさん急死>麻酔薬投与の医師、出頭に合意(毎日新聞)

 【ロサンゼルス吉富裕倫】昨年6月に米歌手マイケル・ジャクソンさん(当時50歳)が急死した事件をめぐり、マイケルさんに麻酔薬を投与したコンラッド・ムレイ医師(57)の弁護士は4日、同医師が5日に出頭することでロサンゼルス郡検事局と合意したと発表した。

 ムレイ医師側は、捜査当局による過失致死容疑での訴追は不可避と判断。「死に至る薬の処方はしていない」と無罪を主張していくが、逮捕を避けるため自ら出頭、保釈を得られるよう検事局と交渉してきた。

 一方、複数の米メディアによると、ムレイ医師を逮捕すべきだと主張するロサンゼルス市警と出頭を認める検事局との間で意見の対立があるという。CNN(電子版)は5日の出頭、訴追手続き開始の合意は撤回されたと報道。AP通信は、ムレイ医師は訴追の有無にかかわらず出頭し、訴追がなければクリニックを開いているテキサス州に戻るとの弁護側のコメントを伝えた。

 検事局のサンディ・ギボンス広報官は毎日新聞に対し、「訴追前の段階では何もコメントできない」と述べた。

【関連ニュース
マイケルさん:専属医を致死容疑で立件へ
M・ジャクソン:再発見 死後アルバム100万枚
ハイチ大地震:「ウィ・アー・ザ・ワールド」再録で救済
歌っても踊ってもOKの「THIS IS IT」上映会が人気
湯川れい子:M・ジャクソンらスーパースターを語る講座 「ミキモトアカデミー」で受講者募集

シェアやウィニー、常時調査=流通ファイルの実態把握−抽出の9割が違法・警察庁(時事通信)
<陸山会土地購入>「小沢氏に収支報告」石川議員(毎日新聞)
経口投与困難ならラピアクタを―日本感染症学会が提言(医療介護CBニュース)
<鳩山首相>小沢氏の招致、明言せず…参院代表質問(毎日新聞)
<辞職勧告決議案>石川議員起訴なら自民・公明提出へ(毎日新聞)

漁船銃撃で露側に厳重抗議 政府(産経新聞)

 平野博文官房長官は1日午前の記者会見で、北方四島・国後島沖で日本の漁船2隻がロシア国境警備局から銃撃を受けた事件について、日本政府が再発防止を含めて露側に厳重抗議を行ったことを明らかにした。平野氏は「人命の損失につながりかねない不適切な対応だ」と述べた。

 抗議は1月30日、上月豊久駐露臨時代理大使が露外務省アジア局長に口頭で行った。抗議では銃撃行為が北方四島周辺での安全操業を定めた協定の趣旨をないがしろにするとも指摘した。

 平野氏は日露双方の主張に相違がある点については「今、徹底して調査・検証をしている」と述べた。

【関連記事】
「銃撃のこと言えなかった」…国後沖で操業の乗組員
ロシアが警告射撃認める 国境警備隊、破壊目的も
漁船2隻に銃撃痕20カ所 国後沖で露・警備隊が照明弾発射
銃撃拿捕漁船の保険金訴訟 保険組合が請求棄却求める
没収船の保険金求め提訴 銃撃拿捕の第31吉進丸船長ら

「刺された!」「あいつ、やばい!」響く怒声、制圧試みるも…(産経新聞)
殺害準備の過程を詳細に書き込み「準備完了」(産経新聞)
<信号無視容疑>検問突破の女、衝突事故後もなお逃走 札幌(毎日新聞)
「大変申し訳ございません」=加藤被告、冒頭に謝罪−秋葉原無差別殺傷初公判(時事通信)
元課長ら4人再逮捕=広島ガス子会社の架空取引−県警(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。